喪服 レンタル 京都

喪服 レンタル 京都至急の必要時の店舗情報

喪服 レンタル 京都,注文,入荷,在庫,在庫あり,最安値,格安,

京都府は、着物のメッカといわれる文化があります。そういう土地柄だけあって喪服のレンタルも着物がメインです。ただし洋服の礼服もあわせておこなっているところもあります。京都かいしょうさんは、男性用、女性用ともに、正式喪服(着物、モーニング)および略式喪服(一般参列用礼服)のレンタルを行っています。
費用は略式喪服である礼服が男性用、女性用ともに4800円から14800円で、往復の送料も込みのレンタル料になっています。いずれも3泊4日のレンタル期間です。
正式喪服については、女性用の着物喪服が9800円で往復の送料込みのレンタル料になっています。着物を着るうえでの小物もすべて入ってます。借りる側で準備するのは、補正用のタオルのみです。男性用については、着物喪服に関しては、黒羽二重の染め抜き五つ紋の着物と羽織と袴となります。京都かいしょうさんのHPをみるかぎりこの和装の正式喪服の取り扱いがありません。洋装の正式喪服はモーニングが7800円でレンタルできます。いずれも3泊4日のレンタル期間です。

 

京都 貸衣装 こむろさんは、正式喪服では、二部式着物で特許を取得した着物のレンタルを行っています。二部式着物なのにおはしょりができて、下には長襦袢を着こなすので、普通の着物と見分けがつかないのが特徴です。レンタルには、草履から小物一式がセットになって19800円とかなりお得です。着付けのためのDVDもはいっていました。一人で着付けが簡単にできます。太鼓結びの黒色のつくり帯まで入っての3泊4日のレンタル期間です。男性用の正式喪服は、モーニングのみの扱いとなっています。
略式喪服では、男性用も女性用も取扱いがないようです。

 

喪服 レンタル 京都お通夜とか葬儀の前にも、主婦業やら仕事を、きちんとこなさなけれならない!

むかしから、冠婚葬祭というのは、仕事をきちんとしながら、参加するから、尊いといわれるけど!
急な訃報で、喪服が要ると気付いて、小物からバッグから全部を地元の店舗を回ってレンタルとなれば、家事や仕事を休まないと無理!
そんな忙しい主婦の、代わりに、喪服から喪服用パンプキン・バッグ・黒ストッキング・数珠・イアリングまで、1000円のセット価格で最短翌日にご希望の場所へ取り寄せてくれるのが、こちらの喪服レンタルです。

もっとお安く手っ取り早い喪服のレンタルがあります!

地元の貸衣装店を回るより、やすく手っ取り早く済んでしまいます。
クリーニングも洗濯も不要で、しかも全国どこでもレンタル喪服の往復送料がなんと無料!
最短翌日で届く喪服ネットレンタルなら、全国対応が可能です。
ご親類の急な訃報で、急きょご実家に帰省するとなると、もはや喪服をあつらえている時間もないです。
でも、全国対応のレンタルなら、安心!帰省先に即日で間に合うよう直接送ってくれます。
しかも代金引き換えも可能です。着払い伝票が同封されてくるのでそのまま全国のコンビニで貼ってお返しできます。
日本中どこでも到着まで最短1日、最長2日(北海道のみ3日)で、往復送料無料。

 

3泊4日往復送料無料!10万円品質の喪服が4800円よりレンタル

 

ネットレンタルの欠点は、サイズの直しが効かないところです。

レンタルのこの欠点を克服するコツは、女性でしたら、スカートのスーツ系借りることです。そのうえで
ジャストサイズよりもワンサイズ大きい喪服を借りて、もし体よりも大きめならスカートのウエスト上着の袖内側へ折って微調整します。
3号から25号まで、体型別にサイズが揃っています。
日本中どこでも到着まで最短1日、最長2日(北海道・沖縄は3日)で、往復送料無料。

 

3泊4日往復送料無料!10万円品質の喪服が4800円よりレンタル
 

マタニティーサイズや授乳用サイズまで、一時的にしか着ないタイプの喪服の品ぞろえも抜群!

クリーニング代や手数料、往復の送料もすべてレンタル金額に含まれます。
喪服のクリーニング代は、男性もので上下礼服・ワイシャツ・ネクタイ・合わせて3500円 女性もので上下ブラウス合わせて4000円から5000円かかります。特に依頼しなくとも、防虫加工やシミ抜きがあらかじめセットになった仕上げを実施することが多いようです。
相場的には、上下礼服だけでで1500円から2500円くらいするようです。ブラウスまでを合わせると4000円から5000円かかるようです。
送料込みの、クリーニング不要で4000円台なら、ご自身の喪服をクリーニング屋さんに出す費用だけでレンタルできちゃいます。
日本中どこでも到着まで最短1日、最長2日(北海道・沖縄は3日)で、往復送料無料。

 

ネットレンタルなので、喪服がへたっているかと思いきや、新品同様で感動しました。気になるにおいとかもなかったです。

葬儀会場でも、お上品な喪服ね!といわれて、鼻が高かったです。
やはり齢を重ねると、喪服の漆黒の濃さがある喪服を着ないと、軽く見られてしまいます。
でも、こういう喪服は購入すると、めちゃ高いんですよね!!
喪服のシェアーで、地球環境に優しい!だから故人に向けて、心穏やかにお別れができます!

 

ヤマト運輸さんなので自宅以外のホテルや葬儀会館宛ての送付でも安心!全国のコンビニで返却なので便利!
数珠やパンプキン、黒カバンや黒ストッキングまでもセット格安で同時レンタルができます!!面倒なことはすべてやってくれます!!
日本中どこでも到着まで最短1日、最長2日(北海道・沖縄は3日)で、往復送料無料。

 

3泊4日往復送料無料!10万円品質の喪服が4800円よりレンタル

 

京都の葬儀事情

京都では、お棺の中に、人形を入れて、出棺する風習があります。
この人形は、友達として冥途に連れていく役割をはたしているようです。
元来、友引の日には、葬儀は、友人を連れていってしまうので、タブー日とされていました。
しかし京都のみ友引の日に、葬儀が行われる風習が古来よりありました。
おそらく葬儀仏教ではなく葬儀神道の影響が、京都故にあったのかもしれないです。

 

それでも、仏教葬儀を執り行うには、友引の日の葬儀は、参列者にとって不気味な感覚を与えてしまいます。
そこで、お棺の中に人形を入れることによって、冥途へつれていくなら、この人形を友達として連れていってね!というニュアンスで入れるようになりました。

 

このほかにも、霊柩車が、神社の鳥居をくぐらないように、コースを選んで、火葬場まで行くのも京都の特徴です。
神社の鳥居を死者を乗せた霊柩車がくぐるのは、あの世の世界である神道上、穢れにあたる空間になるので、避けて通るようです。

 

京都では、葬儀文化に関して、古くから天皇家を奉る神道の文化が色濃くのこっています。

 

 

京都市内で喪服のレンタル

京都市右京区 京都市上京区 京都市北区 京都市左京区 京都市下京区 京都市中京区 京都市西京区 京都市東山区 京都市伏見区 京都市南区 京都市山科区

 

綾部市伊根町 亀岡市京丹後市京丹波町 南丹市 福知山市 与謝野町 井手町宇治市宇治田原町大山崎町 笠置町木津川市京田辺市久御山町 城陽市精華町 長岡京市 南山城村向日市 八幡市

 

 

京都の親類の訃報

京都の親類の訃報を聞き、東京から、新幹線の切符と、ホテルの予約に夢中になっていた。
お通夜と葬儀と参列するため、一泊2日の滞在となるから、宿泊のホテルと往復の新幹線を押さえなければ・・
午前9:50分の東京発、広島行きののぞみで、午後12:18分に京都駅に到着する。
ホテルは堀川通り沿いにあるアパホテルを予約。
喪服のことなんて、遠隔地での葬儀では、アタマの中から飛んでしまってう。

 

新幹線とホテルの予約さえしておけば大丈夫と安心して仕事をしていたら大変なことに・・

 

京都出発の前日の夜に持っていた喪服のサイズが合わないことに気付く。
えっーという驚きと同時に、あきらめの気持ちが入る。
明日、新幹線に乗って、京都の葬儀会場にむけて出発という前日の夜にとほほという気分。
今から、喪服を調達するのに、デパートへ行く時間なんてない。

 

開き直って、ネットで京都市内の喪服のレンタル店を探すという手段にすがる。

 

 

明日、京都に到着してから、京都市内で喪服をレンタルする?
そんな時間はない。今ネットで、注文して、できれば明日京都駅で喪服のレンタル品の受け渡しができるとそのまま葬儀会場へもっていける。
喪服レンタル京都市で検索すると市内だけでも15件の喪服レンタル店が出てくる。貸衣装屋さんから、着物のレンタル屋さんが、着物の喪服までやっている。

 

明日、京都で即日で貸してくれるレンタル店を探してみると、喪服レンタル京都即日という検索ワードが見つかる。

 

のぞみで京都に到着するのが、13:25分で、お通夜が17:00分から、四条通り沿いの葬儀会館で取り行われる。
当日15:00引き渡しのレンタル店ならギリギリ間に合う。

 

でもよく考えたら、バッグや数珠も古くて新調しないと喪服の新しさについていけないかも。。

 

小物も全部揃えるとなると、見知らない土地をぐるぐる回らないといけないな。。
あーしんどいな!

 

ぼーっとグーグルの検索画面を眺めていたら、即日発送で小物をセットにして全国どこでも送料無料のネットレンタルサービスが目に飛び込んできた。

 

3泊4日往復送料無料!10万円品質の喪服が4800円よりレンタル