喪服 急ぎ

喪服の着物を急ぎで新調する!

地域や家の親族の多少にもよりますが、御主人が喪主となったり、婚家、実家とも親の葬儀の際には、着物を着るケースがあり得ます。
この着物なんですが、家紋を入れて、あらかじめ準備していおくと、いわゆる「縁起が悪い」という風に解釈されるため、ひそかにそろえるのが、習わしでした。
喪服,急ぎ,着物.

 

葬儀用の着物に関して、注意しておくべきことは、帯の色です。
洋服のモノトーン系の感覚で、グレーの帯を締める方もいますが、喪服の帯は黒色です。
法事用の着物では、寒色系の着物には、寒色の帯が、基本です。寒色系の帯に暖色系の帯はおかしいです。

 

今では、着る機会と言えば、限られているのが、着物としての喪服の特徴です。ご近所や知人の葬儀に着物の喪服で伺うのは、大げさすぎると敬遠されるからです。

 

このように着る機会が限られているわりに、陰干しして、湿気をぬいたりのメンテナンスの煩わしさがあるので、最近はスーツ系の喪服が主流といえます。

 

ただし家のしきたり上、どうしても着物の喪服で、葬儀に参列しなければ、ならないことも起こりえます。

急ぎで着物を新調するのは、リスクがある!

では、どういう準備をしておくべきでしょうか?
嫁ぎ先であれば、家紋を教えてもらって、着物屋さんで購入するのが、安心確実といえるでしょう!
ただ、「喪服を作るので家紋を教えてください?」と切り出すのは、あたかも葬儀を待ち構えているようで、「縁起でもない!」と反感を買われるケースも多いです。

 

だからといって、訃報を聞いてから、着物をあつらえるのは、洋服のように、気軽に着れるものではないため、避けたほうが無難といえます。

 

家紋の問題は、実家の家紋で着物に入れておくのでも良いといえましょう!嫁の家紋が、喪服の家紋に入っているということは、それほど不自然ではないからです。
着物の購入先ですが、丸昌とか、着物専用ブランドの販売店で購入するのが、着物の質を確認しながら、購入できるので、安心です。

 

ただ着物のネット通販では、表生地も裏生地も絹100%で、かなりリーズナブルな価格で購入できるところもあります。
着物の喪服を着る機会が、一生のうち2,3回であることを考えると、品質が良ければ、通販で購入するのもアリかもしれません。
実際に袖を通して購入するわけではないため、購入後の直しも含めて、アフターケアーのしっかりした通販のみ紹介しておきます。
↓↓↓↓

 

 

この記事をご覧になられた方はこちらの記事も読まれています。

 

喪服 急ぎは、こちら