喪服 レンタル 沖縄

喪服 レンタル 沖縄至急の必要時の店舗情報

喪服 レンタル 沖縄,注文,入荷,在庫,在庫あり,最安値,格安,

沖縄県では、那覇市内にあるあらがき貸衣裳さんという貸衣裳屋さんが、正式喪服(着物、モーニング)および礼服のレンタルを行っています。
一般参列用の礼服は6480円でレンタルできるようです。

 

また葬儀社のあんしん葬祭さんという会社さんも正式喪服(着物、モーニング)および礼服のレンタルを行っているようです。ただし葬儀をあんしん葬祭さんで行う喪主さまやその親族むけのサービスのようです。

 

喪服 レンタル 沖縄のお通夜とか葬儀の前にも、主婦業やら仕事を、きちんとこなさなけれならない!

むかしから、冠婚葬祭というのは、仕事をきちんとしながら、参加するから、尊いといわれるけど!
急な訃報で、喪服が要ると気付いて、小物からバッグから全部を地元の店舗を回ってレンタルとなれば、家事や仕事を休まないと無理!
そんな忙しい主婦の、代わりに、喪服から喪服用パンプキン・バッグ・黒ストッキング・数珠・イアリングまで、1000円のセット価格で最短翌日にご希望の場所へ取り寄せてくれるのが、こちらの喪服レンタルです。

もっとお安く手っ取り早い喪服のレンタルがあります!

地元の貸衣装店を回るより、やすく手っ取り早く済んでしまいます。
クリーニングも洗濯も不要で、しかも全国どこでもレンタル喪服の往復送料がなんと無料!
最短翌日で届く喪服ネットレンタルなら、全国対応が可能です。
ご親類の急な訃報で、急きょご実家に帰省するとなると、もはや喪服をあつらえている時間もないです。
でも、全国対応のレンタルなら、安心!帰省先に即日で間に合うよう直接送ってくれます。
しかも代金引き換えも可能です。着払い伝票が同封されてくるのでそのまま全国のコンビニで貼ってお返しできます。
日本中どこでも到着まで最短1日、最長2日(北海道のみ3日)で、往復送料無料。

 

3泊4日往復送料無料!10万円品質の喪服が4800円よりレンタル

 

ネットレンタルの欠点は、サイズの直しが効かないところです。

レンタルのこの欠点を克服するコツは、女性でしたら、スカートのスーツ系借りることです。そのうえで
ジャストサイズよりもワンサイズ大きい喪服を借りて、もし体よりも大きめならスカートのウエスト上着の袖内側へ折って微調整します。
3号から25号まで、体型別にサイズが揃っています。
日本中どこでも到着まで最短1日、最長2日(北海道・沖縄は3日)で、往復送料無料。

 

3泊4日往復送料無料!10万円品質の喪服が4800円よりレンタル
 

マタニティーサイズや授乳用サイズまで、一時的にしか着ないタイプの喪服の品ぞろえも抜群!

クリーニング代や手数料、往復の送料もすべてレンタル金額に含まれます。
喪服のクリーニング代は、男性もので上下礼服・ワイシャツ・ネクタイ・合わせて3500円 女性もので上下ブラウス合わせて4000円から5000円かかります。特に依頼しなくとも、防虫加工やシミ抜きがあらかじめセットになった仕上げを実施することが多いようです。
相場的には、上下礼服だけでで1500円から2500円くらいするようです。ブラウスまでを合わせると4000円から5000円かかるようです。
送料込みの、クリーニング不要で4000円台なら、ご自身の喪服をクリーニング屋さんに出す費用だけでレンタルできちゃいます。
日本中どこでも到着まで最短1日、最長2日(北海道・沖縄は3日3日)で、往復送料無料。

 

ネットレンタルなので、喪服がへたっているかと思いきや、新品同様で感動しました。気になるにおいとかもなかったです。

葬儀会場でも、お上品な喪服ね!といわれて、鼻が高かったです。
やはり齢を重ねると、喪服の漆黒の濃さがある喪服を着ないと、軽く見られてしまいます。
でも、こういう喪服は購入すると、めちゃ高いんですよね!!
喪服のシェアーで、地球環境に優しい!だから故人に向けて、心穏やかにお別れができます!

 

ヤマト運輸さんなので自宅以外のホテルや葬儀会館宛ての送付でも安心!全国のコンビニで返却なので便利!
数珠やパンプキン、黒カバンや黒ストッキングまでもセット格安で同時レンタルができます!!面倒なことはすべてやってくれます!!
日本中どこでも到着まで最短1日、最長2日(北海道・沖縄は3日)で、往復送料無料。

 

3泊4日往復送料無料!10万円品質の喪服が4800円よりレンタル

沖縄県における葬儀は、檀家制度がなく、神道に近い葬儀風習で営まれてきました。

日本における葬儀仏教は、江戸時代に、戸籍を兼ねる住民台帳とキリスト教の禁止政策から、総ての日本人を仏教寺の檀家に組み込みました。
ところが、江戸幕府時代の沖縄は、琉球王朝家の統治がなされて、徳川幕府の統治下にありませんでした。そこで、檀家制度が今の沖縄県の葬儀文化に深く根付くこともなく、殯(もがり)という死者を本葬するまでのかなり長い期間、棺に遺体を仮安置し、別れを惜しみ、死者の霊魂を畏れ、かつ慰め、死者の復活を願いつつも遺体の腐敗・白骨化などの物理的変化を確認することにより、死者の最終的な「死」を確認する神道形式の葬儀が執り行われていました。現在では、この殯は、皇室内で天皇陛下が崩御されたときに、儀式として行われているようです。
このような神事としての葬儀文化が、沖縄の現在の葬儀文化に対して、深いかかわりをもっています。
通夜は行わずに、納棺、葬儀、火葬、告別式、納骨は1日で行われ、翌日にはすぐに墓参りをします。このお墓参りの後に、四十九日までの間、毎週スーコーと呼ばれる法要が行われるのも、この神事としての葬儀文化の現れかもしれません。
3泊4日往復送料無料!10万円品質の喪服が4800円よりレンタル